フリーワード検索
地域
施設カテゴリー
障がい種別
受け入れ年齢
支援プログラム
在籍スタッフ

【千葉市】ちびっこルームあはは|児童発達支援・放課後等デイサービス支援

ちびっこルームあはは 千葉市 施設画像
出典:ちびっこルームあはは  http://www.sakuramichi-ahaha.com/

支援内容

障害種別
発達障害・知的障害
受け入れ年齢
未就学児・小学生・中学生・高校生
支援プログラム
作業療法・遊戯療法・運動療法・集団療育・音楽療法
在籍スタッフ
児童指導員・作業療法士・看護師・言語聴覚士
送迎エリア
-

施設・環境

千葉県千葉市にある「ちびっこルームあはは」は、医療行為が必要なお子様も安心して通える児童発達支援・放課後等デイサービスです。経験豊富な看護師が常駐しているため、吸引や経管栄養等の医療行為が必要なお子さんの場合も主治医の同意があれば施設でも対応可能な環境が整っています。施設内には遊具やモンテッソーリ教材など、様々な教具を数多く取り入れた教育を行い、お子さんの個性を大切にしながら可能性を広げるサポートを行います。

あ は は 理 念

ちびっこルームあははが提供する療育には、
「あ」・・・愛
「は」・・・育む
「は」・・・励む
そして、みんなが「笑顔」「あはは」という意味が込められ、名前が付けられています♪

療育内容

お子さま一人一人に合わせた療育計画書を作成し、障害の状態に合わせてモンテッソーリ教育を中心に日常生活スキル・集団行動スキルを習得することができます。音楽や体操で聞いたり身体を動かすことで。五感を刺激し脳の発達を促進させ、考える力やコミュニケーション能力向上に繋げます。

●日常生活訓練
トイレトレーニングや摂食指導など

●集団生活訓練
教材を使用し、順番待ちやお友達と協力して取り組むなど社会性・コミュニケーション力向上

●創作活動
絵画や工作など手先の器用さや想像力を豊かにします

ちびっこルームあはは 千葉市 療育教材

出典:ちびっこルームあはは 
http://www.sakuramichi-ahaha.com/

●スヌーズレン
オランダ語の「くんくんにおいをかぐ」という意味のスヌッフレンと「くつろぐ・うとうと居眠りをする」という意味のドースレンという2つの言葉からできた言葉。このスヌーズレン室では「落ち着いた空間で光や音を感じること」「気持ちをリラックスさせ五感を感じること」ができるので、「探索」と「リラクゼーション」の両方の効果が期待できます。

想像力やコミュニケーション能力を高めたり、落ち着きがないお子さんや暗闇が怖いお子さんの改善を目的として取り入れています♪

ちびっこルームあはは 千葉市 療育ルーム

出典:ちびっこルームあはは 
http://www.sakuramichi-ahaha.com/

安心の医療サポート

吸引や経管栄養等の処置が必要なお子さんには看護師によるサポートを受けることができます。医療行為が必要なお子さんがいる場合は気軽に相談してみてください。

<注意>
医師は常駐しておりません、治療や医療的判断は行えませんのでご了承ください

マップ

最寄り駅:京成千原線千葉寺駅から徒歩7分

施設情報

住所
千葉県千葉市中央区千葉寺町1213-1
その他エリア
-
電話番号
043-497-3311
URL
http://www.sakuramichi-ahaha.com/
療育時間
10:00 ~ 18:00
10:00 ~ 18:00
10:00 ~ 18:00
10:00 ~ 18:00
10:00 ~ 18:00
10:00 ~ 18:00
-
-
備考

※定休日:日曜日・祝祭日・年末年始

タイトルとURLをコピーしました