米|食べ方

お米の美味しい食べ方

お米を美味しく食べよう

現在でも多くの日本人は主食としてお米を食べていますが、お米には様々な美味しい食べ方が存在します。例えば、炊き込みご飯等のようにお米を具材と一緒に炊き込み、具材の味をお米にしみ込ませて食べる方法です。この食べ方は一般的に普及している食べ方で多くの家庭や料理屋で作られています。他にもお餅等もお米を使って作られます。このような食べ方は日本ではよく知られたものですが、海外ではお米を違った形で使うところも多いです。例えば、東南アジア等ではお米を磨り潰して粉状にします。日本でいうところの米粉のような状態です。この粉状のお米を水と卵を加えて練り上げて生地にして焼きます。出来上がったものを具材を巻いて食べる方法です。ケバブやトルティーヤ等に近い料理でとても美味しい食べ方です。このようにお米には様々な美味しい食べ方が存在します。そのため、これらを覚えると料理をすることが楽しくなります。

お米の美味しい食べ方

日本では主食としてお米を食べてその他のおかずをお米と一緒に食べることが多いですが、お米にはその他にも色々な美味しい食べ方があります。まずは、焼いて食べる方法です。焼いて食べる場合の代表例は、チャーハンやチキンライスのようにお米を他の具材と一緒に焼きながら、味付けをする方法です。この方法は一般的な家庭でもよくなされる食べ方です。他にも土鍋等で炊き上げておこげを作る方法もあります。ですが、こちらの方法は、おこげを作るのが難しく失敗するケースが多いです。もっとも、おこげ自体市販されているので、おこげを買ってきてあんかけだけを自分で作り食べるのも美味しい食べ方の一つです。この他にもちまきやおにぎりなど様々な食べ方があります。お米の食べ方を工夫すると普段とは違った食卓になり、美味しくご飯を食べることができます。

丁寧に炊き上げたご飯をおにぎりで味わうのがおすすめ

米を美味しく食べるには、まずそこに至るまでに必要な炊く作業をきちんとすることです。分量を正確に計ることから始まり、米の表面にある糠を水で素早く洗い流します。そして水加減を米の分量に合わし、時間をおいて吸水させます。炊き上がった後もすぐに食べたくなる衝動をこらえて、10分間ほど蒸らしのために蓋を閉めて待ちます。そうしてやっと食べられるご飯の美味しい食べ方は、やはり日本人のソウルフードであるおにぎりです。シンプルだからこそ、米の甘みやモチモチとした食感がダイレクトに伝わります。また梅干しや明太子、のり、佃煮などお気に入りのご飯のお供を見つけるのもその一つです。更にご飯は熱々の状態で美味しいのは当たり前、冷めた時にどれだけ風味が落ちていないかが重要だと言います。冷ましたご飯で作ったおにぎりとご飯のお供を持ってピクニックに行くのが、米の真の美味しさを感じられる食べ方のはずです。