米|炊飯

美味しくなる炊飯方法

炊飯器で美味しいご飯を炊く方法

お米の美味しい炊き方には、いくつかのポイントがあります。まず、炊飯器に付属している計量カップでお米を正確に計ってください。基本はすりきり一杯です。次に洗米ですが、ボウルにたっぷりの水をはり、軽量したお米を一気に入れます。ヌカやゴミを含んだ水をお米が吸収しないように、1回目の洗米は手早くやる必要があります。現在の精米技術は向上していますので、ゴシゴシ研ぐというよりもたっぷりの水で4~5回、さっと洗うようにすれば十分です。水加減は炊飯器のメモリ通りでいいのですが、固めや柔らかめは好みで水加減をしたらよいでしょう。一般に、新米は古米に比べて水分の含有量が多いので、水をやや少なめにします。水加減をした後で、最低でも夏30分、冬1時間程度は吸水させるようにしましょう。このひと手間で炊き上がりに格段の差が出ます。炊き上がりましたら、炊飯器のふたについた水分を布巾でさっと拭き取り、しゃもじでご飯をほぐしましょう。こうすれば美味しいご飯が食べられます。

お米をふっくら美味しく炊くポイント

お米を美味しく食べるには、炊飯に色々なポイントがあります。まずは洗米です。昔は米と米をすり合わせるように強く洗うことがあたり前でしたが、精米技術が向上した現代ではそれは必要ありません。むしろたっぷりのお水で3、4回ざっと洗い流しましょう。1度目の洗米はお水を入れてかき混ぜたら、すぐにぬかの多い白い水を捨てるのがポイントです。お水と吸水も大切です。水かげんは新米の場合は水分を多く含んでいるため、標準よりも少なめにすると美味しく炊くことができます。また、お水を入れて炊飯までの吸水時間もしっかりとりましょう。夏なら30分、冬は2時間程度が程よい吸水時間です。これによってふっくらとした美味しいご飯が炊きあがります。炊飯器での炊飯の場合でも、炊きあがってすぐにはフタを開けず、10分くらい蒸しましょう。この蒸らす時間も大事な炊飯の時間です。しっかり蒸らしたらフタを開け、ご飯全体をさっくりと混ぜます。こうすることでむらなく美味しいご飯が食べられます。

お米をふっくらと炊くために

お米をといだら量った水と米を合わせて浸水します。炊飯器の内釜に直接水を注いだらニオイがうつらないようにラップをして冷蔵庫に入れます。浸水は1時間が理想的ですが、夏場は米が古いので浸水が早くなりますから30分ほどで十分です。また、夏の古米は乾燥して水を吸いやすいのとは逆に新米は表面がつるつるしていて水の浸入を阻みます。新米は水を少なめにというのは間違いで、気にするのは浸水時間です。そのため、浸水の場合は2時間が目安になります。また、冷蔵庫に入れる理由は、温度を下げるためです。炊飯する時に冷たい温度から一気に沸騰させることでお米がふっくらとして美味しいごはんが出来上がります。冷蔵庫に入れる時間がなければ氷での代用も可能です。1合につき1個を目安に計量カップにまず氷をいれてから水を注ぐと正確に量れます。